失敗しないための大阪の美容専門学校
2020年9月15日

大阪の美容学校の学費の内訳

大阪の美容学校の学費の主な内訳ですが、入学金は入学したときに納付しこれは試験に合格して一定期間内に納めますが、10万円から20万円程度に設定しているところが多いです。授業料はこれまでは月ごとに支払っていたため、月単位の金額で表示されていて、途中で退学するときは月単位で授業料を清算してくれるところも少なくありません。月3万円から4万円程度に設定されていて、年額だと36万円~48万円程度です。実習費は月額で算出する大阪の美容学校や、年間で決めるところもあります。

月額なら1万円から2万円ほどで、年額12万円~24万円です。実習費を授業料に含んでいるところもあるため、費用のところは含まれているかなど確認したほうが良いです。例えば授業料が月額5万円で高いと感じても、実は実習費も含まれていたりします。施設費は、施設拡充費などの名目で徴収するところもありますが、入学時に1回だけ徴収したり、年次ごとに徴収したりと色々で卒業までに12万円~30万円程です。

教材費は大阪の美容学校は実習が多く、そのため教材にかかる費用も高いです。鋏・ロッド・ウイッグ・コーム・バック・白衣など以外に、特殊な器具機材を使うためその分学費もかかります。パーマ液やヘアカラー液などの溶剤、テキストも含まれていて2年間で40万円~60万円は必要です。教材費は学費と別に記載していることが多く、スクールごとに差があります。

昼間コースだと2年間だとおよそ200万円から270万円、夜間なら150万円ぐらい、他にも通信課程もありますがこの場合は学費がもっと安いです。他のスクールと比べて安くはないですが、費用が気になる時は夜間・通信も視野に入れて考えるのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *