失敗しないための大阪の美容専門学校
2020年11月9日

美容師の求人を募集する際の注意点

数多くある美容院の中で求人を出して応募してくる人はわずかもしくはいないといった美容院も多くある中、いかに美容師になりたい人を確保するかが将来の経営まで関わるので求人採用に関してはおろそかにしない事が大切です。特に美容師の卵でもある学生が美容院を選ぶ際のポイントとして働いている現スタッフの様子で判断する人もいます。言い換えれば将来の自分がそのまま今働いているスタッフにリンクできるので求人応募するかどうかのポイントになっている学生も多いでしょう。美容師として必要なスキルは学校で学ぶのであとはどれだけの接客スキルや技術向上が出来るかを現スタッフを見て採点しているという事です。

面接前に問い合わせの電話や来店がある場合には学生だからと言って失礼になる態度を取らない事が大切です。応対の仕方によっては自分は歓迎されていないと位置づける学生もおり、その時点で求人応募の辞退をするケースも多いでしょう。面接においては聞かれた事に丁寧に回答する等、応募者が疑問を持ったまま面接が終わるといった事のならないように面接での対応も美容院のイメージと直結してしまうので注意が必要です。もちろん、すべての学生に対して媚を売る訳ではありませんが、美容師という職業は接客業でもあるので人に不快にさせない応対をいつなんどきでも出来る様な対応が求められるという事であり、面接にもその対応によって学生が美容院のイメージと結びつける要素が大きいという事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *