失敗しないための大阪の美容専門学校
2020年11月21日

美容師の求人の現状と特徴

美容師の求人は厚生労働省管轄の国家資格を所持している人が対象となっています。この資格を取得するためには専門学校卒業後に筆記・実技試験どちらにも合格しなければなりません。学校は厚生労働大臣指定の専門学校で昼間なら2年、夜間なら3年通う必要があります。現在全国には22万店舗以上の美容室があり、10年程前をピークにしてその数は横ばい状態となっています。

美容師の数は減少傾向にあるので、就職先が見つからないということは滅多にありませんが、人気店への就職は狭き門となっています。最近では中途採用で経験者に求人を出して即戦力を求める店舗も増加しています。特に資本に不安な点があったり、規模の小さめの美容室はそのような傾向が強いといえるでしょう。美容師の求人は直接店舗から募集をかけているケースもありますが、就職斡旋業者も全国にはいくつかあります。

さらに業務委託として自分の顧客に対して特定の時間だけ場所を間借りしてセットすることもあるようです。他には独立した先輩や友人に誘われて働くケースもあるので、雇用のきっかけは多岐に渡るといえるでしょう。パートとして働く分には雇用は比較的安定していますが時給が安く、仕事を自分で見つけていく場合は売り上げの6,7割を貰うことができますが仕事の波があるのが問題点といえるでしょう。多様なニーズのある美容業界ゆえに求人内容もお店にあった、個人のスタイルを大切にするものも沢山あるので、自分に合ったものを探すことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *