化粧水の効果とは?正しく知ってスキンケアしましょう

subpage01

「化粧水」とは皮膚を保湿し整えて滑らかにする機能を持つ化粧品のことです。成分のほとんどが水で出来ていて、洗顔後や乾燥しがちな時に使うと気持ちが良いです。

化粧水の効果の情報なら当サイトにお任せ下さい。

洗顔後の皮膚は、潤いや皮脂が落ちて乾燥しがちな状態です。そんな時に化粧水で保湿してあげると皮膚の状態が落ち着きます。


注意すべきことは、水分や保湿力は肌の内側に貯めることは出来ないという点です。
なので、むやみにバシャバシャ使っても効果はなく、むしろ乾燥を招いてしまうこともあります。


最大の効果は「皮膚を保湿し」「整える」という点です。

肌表面の角質層を、保湿しながら整えてくれるので、翌朝の化粧のりが良くなります。


また、その後につける美容液や乳液の浸透を良くするという効果もあります。
つける方法としては、ハンドプレスやコットンが挙げられます。



ハンドプレスは掌に化粧水をのせ、密着させてから肌に押し当てます。

ほほ、おでこ、あごなど部位ごとに時間をかけてじっくりプレスするので浸透力が上がります。

掌にあけてパシャパシャとぬるよりは効果があります。



コットンは、適量の化粧水をとってマッサージするように肌になじませるパッティングと、水でぬらしたコットンに化粧水をつけて3〜5枚に分けて肌に載せて浸透させるパックという方法があります。


どちらも清潔なコットンが必要になります。

朝と夜の洗顔後や、メイク前に正しくスキンケアをすることで、メイクの持ちも変わりますし翌朝の肌の調子も良くなります。


正しく知って優しいスキンケアを心がけましょう。