化粧水にはどんな効果があるか

subpage01

毎日行うスキンケアである化粧水にはどんな効果があるでしょうか。
保湿はもちろん、肌の状態を整える効果があります。

しかし、ただつけるだけでは保湿の効果があるとはいえません。

あなたの知らない化粧水の効果の最新情報を紹介します。

肌の潤いは角質層によって守られています。



角質層は外部からの水分の侵入を防ぐ役割と、同時に内部の水分の蒸発を防ぐ役割があります。
そのため、肌の外側から化粧水で水分を補給したとしても、角層内部までは入り込めません。


そのままにしておくと水分は蒸発し、過乾燥を招いてしまう恐れもあります。

肌のハリや滑らかさ、柔らかさは十分な水分を含んでこそ維持されています。


十分な水分をしっかりと維持するためには化粧水選びも大事になってきます。

肌の表面や角質層で水分を保持保湿してくれる成分があります。

・セラミド・フフィンゴ脂質・レシチン・ヒアルロン酸・エラスチン・コラーゲンこれらの成分が含まれているものを選んだ方が良いでしょう。ただし、アルコールが配合されているものはアルコール蒸発時に肌の水分まで奪ってしまうので避けましょう。
洗顔後にはしっかりとした保湿として、またメイク前にも行うことによってメイクノリやメイク持ちも良くなり、化粧崩れを防ぐこともできます。
また化粧水にもさまざまな種類があります。



シミや色素沈着のケアをしてくれるものや、皮脂のコントロールや毛穴の開き改善をしてくれるもの、また化粧水の浸透を良くしてくれるものなどがありますので、自分の肌や悩みにあったものを選ぶようにしてみるといいでしょう。