化粧水の効果を高める使い方

subpage01

きちんとお手入れをしているつもりでも、肌の潤いが足りないと感じたり、化粧のりが悪かったりと、いまいち効果が感じられないことがあります。
そんなときは、化粧水の使い方を見直してみるとよいかもしれません。

値段の高い化粧水はより良い成分が入っていることが多いですが、もったいないからと少ししか使わないと、必要な水分に足りなくなってしまいます。顔全体に水分が行きわたるよう、しっかり適量を使用しましょう。

ただし、多ければ多いほど良いというものではありません。

あなたにぴったりの化粧水の効果情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

余分な水分は、蒸発するときに肌を乾燥させてしまい、逆効果です。

化粧水を手でつける場合は、手の平全体で顔を包み込むようにしながら少しずつ位置をずらしていきます。
塗りムラが出やすいので、細かい部分は指の腹も使いながら、塗り残しのないようにしましょう。
手のぬくもりにも手伝ってもらって、しっかりと浸透させます。


コットンを使う場合は、中指と薬指に乗せて、人差し指と小指で挟むようにして使うのが基本です。


人差し指は力が入りやすいので、中指と薬指を使うことで刺激が少なくなり、肌当たりがやわらかくなります。

パッティングは肌を叩くのではなく、軽く押さえるようにします。リフトアップを意識して、顔の下から上にパッティングしていくと、効果が高まります。



コットンパックも効果的です。



コットン数枚に化粧水をしみ込ませて、それぞれ厚さが半分になるように開き、顔全体に貼り付けてしばらく置いておきます。


コットンが乾くまで置いてしまうと肌も一緒に乾燥してしまうので、それまでにはがすようにしましょう。